【”超高額”抗がん剤オプジーボが話題になっています】2016.10.06

img_2651
写真の植物は “こけ玉に植えたバジル” です。

 

こんにちは、當銘です。

このところ新聞等のメディアで「抗がん剤オプジーボ」が話題になっています。
効果が高い一方薬価も高く、体重60kgの成人が1年間使い続けると約3,500万円の費用がかかり、
医療費の膨張が問題になっているとのことです。

 

 

我々は仕事柄、常日頃から最新の情報を得る努力をしていますが、
国、医療機関、製薬会社の努力によって「がんは治せる、がんで死なせない」
そういう世の中に向かっていると実感しています。

 

話題のオプジーボや、分子標的薬(がん細胞だけを狙い副作用が少ない)の開発。
がんで苦しむ患者さんや、その家族にとってまさに希望の光です。

 

 

私も叔父をがんで亡くしています。苦しむ姿を見てきました。
そんな思いをする人々が少なくなれば嬉しい、そんな思いでがん保険の話をしています。
高額療養費で守られているとはいえ、多くのお金の負担があることに変わりはないのですから。

 

 

いつの日か、がんで苦しむ人々がいない世界が来るといいですね。

 

2016.10.06