【日新火災、九州ブロックパワーアップセミナー、パネルディスカッションに出させていただきました】 2016.12.16

20161128_160236_001

こんばんは、當銘です。

 

11月28日(月)、ホテルオークラ福岡にておこなわれた
「日新火災、九州ブロックパワーアップセミナー」に参加しました。

 

「代理店の将来像について」というお題で、
パネルディスカッションにも登壇させて頂きました。

 

この機会を頂けたきっかけは、保険の仕事を始めた頃に遡ります。

 

私は小さな頃からクルマが大好きで色んな本を読んでいました。

 

今でこそ「自動ブレーキ」は当然の技術になってきましたが、
日本で初めて「自動ブレーキ(車間自動制御システム)」を搭載したクルマは、
日産のシーマだったんです。1999年、私が19歳の頃でした。

 

辛口が心地よい徳大寺有恒さんの本から情報を得ました。

 

幼い頃、放送していた「ナイトライダー」のような時代はいつか来る!

とても興奮したのを覚えています。

 

143701557681820

 

 

2008年、保険の仕事に就いた時に決めたことがあります。

 

「テクノロジーの進化で自動車保険はいつか不要になる。
自動車保険は大切な保険だが、これを主力にしていては生き残れなくなる。
他の人が苦手なことに取組もう、他の人がしないことをしよう。」

 

損害保険代理店が弊社の始まりですので、
労災上乗せ保険、企業賠責保険、火災保険、地震保険、動産総合保険など、
多くの事例と知識を集積しご提案をおこなってきました。

 

2012年から生命保険の分野にも力を入れたことにより、
自身と会社の幅が大きく広がりました。

 

結果、お客さまをお守りすることにつながっていきました。
今では全社員が生命保険、損害保険のプランナーとして活躍しています。

 
保険に携わる人が幸せを実感する時はいつなのか。
「大切なお客さまを守れた時」私はそう考えています。

 

私の考え、方針を信じてついてきてくれた社員に感謝しています。
これからも新たなことに挑戦し続けていきます。

 

こんなお話をパネルディスカッションでさせていただきました。
機会をいただき感謝しております。

 

2016.12.16